個人事業主がモビットで融資をうけるには

個人で事業をしている個人事業主はキャッシングを利用することがむつかしいと言われていますが、返済が近づいているために資金が必要になったときでもモビットなら個人事業主でも申込ができます。
モビットは安定した収入があればパートやアルバイトで収入を得ている人や個人事業主でも安心して申込みができます。
モビットで電話連絡なしの申し込みをするときは、いくつかの書類が必要になります。
必要書類とは本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)、収入証明書類として直近の給与明細書や源泉徴収票、確定申告書などがこれにあたります。
個人事業主のかたが申込むときはこれらの書類以外が必要で「申込時に必要な書類」に書かれているように「営業状況確認のお願い」という書類をダウンロードして必要事項を記入し、他の書類と一緒に提出する必要があります。
注意しなければならないことは「営業状況確認のお願い」や収入証明書、本認確認書類といった申込をするときに提出したものは後から返却してもらうことはできません。
提出した後になって後悔しないためにも、提出する前に入ミスなどがないかをじゅうぶんに確認し、まちがってもウソの情報を書かないようにして提出しましょう。
どうしても融資をしてもらいたいために、ウソの内容を記載してしまうと後々トラブルになる可能性があります。
個人事業主だからと言って融資が受けられないことはないので、書類の記入は正直に書くことが融資への近道になります。

よくある不安いっきに解決

銀行カードローン、消費者金融カードローン、利用する前の今、不安が大きくあるでしょう。
その不安はなんでしょうか。
お金を借りるということが全くの初めてだからこそそこには心配があるものです。
何よりも未知の正解だから、それが原因となっているのではないでしょうか。
家族にばれることが怖い、延滞した時の取り立て、信用情報に傷がつく、収入状況からみて借り入れができるか、多くの不安要素があるでしょう。
一つひとつ問題を解決していきましょう。
「カードローンの利用は家族にばれるのか」
申込契約方法、返済の遅れなど気をつけなくてはならないことは多くあります。
せめて家計をあわせて支える配偶者には相談をしておくべきカードローンの利用ですが、ほかの家族にはキャッシングの事実を知られたくないという方も多いでしょう。
大きくなった子供、同居の舅姑、両親、お金を借りることを心配させてしまう相手はいるでしょう。
・本人確認の電話
・カード、契約書の郵送
・返済遅延時の電話連絡
この3点に気をつけましょう。
申し込みをするときには申込書に本人情報の詳細を記入します。
その時に記入した自宅もしくは携帯電話が本人のものであるのか、実際に電話があり確認がなされます。
在籍確認と同じことです。
本人であることが確認できない限り銀行名、消費者金融名を名乗ることはありません。
担当者が個人名で連絡をすることにはなります。
申し込み方法によっては自宅あてにカードと契約書が郵送されます。
自動契約機や店頭窓口のようにその場で受け取りができるものであれば問題はありませんが、今、人気であり定番となりつつあるインターネット申し込みではカードと契約書は郵送になります。
返済の遅れがあったときにも電話と自宅住所宛の督促状が届きますので安心はできません。
・申し込み契約方法を自動契約機か店頭窓口にしてカードと契約書は直接受け取ること
・本人確認の電話の時間指定をする
・返済に遅れない
この3点に気をつけることができれば家族にキャッシングの事実がばれるようなリスクは抑えられるでしょう。
「返済が遅れると恐ろしい取り立てがあるのか」
取り立てには決められたルールがあります。
まずは金融庁で取り立てに関する自主規制、日本貸金業協会での自主規制、各消費者金融や銀行での自主規制、非常に多くの自主規制があります。
かつての消費者金融は恐ろしいばかりの取り立てで利用者に恐怖を与えていました。
過剰貸し付けを行っていながら返済が困窮してもなお取り立てる、それが別段珍しいことでもなく行われていたのですから恐ろしいものです。
今はそんなことはあり得ません。
重なる自主規制があり取り立てには厳しいルールがあります。
例えば一般的に生活時間とされる時間以外に連絡をすることを禁止する、日に3度以上の電話による督促を禁止するなど、細かいルールがあります。
返済が遅れても怖い取り立てはありません。
しかし返済が遅れることで個人信用情報機関にその情報が登録されそれこそ信用に傷がつく状態です。
「信用情報に傷がつく?」
返済が遅れると信用情報に傷がつくとご説明いたしました。
しかし数日程度の返済の遅れでは信用情報には関係してくることはありません。
1ヶ月以上の返済の遅れが2度あれば信用情報に傷がつきます。
3か月以上の返済の遅れがあれば金融事故として信用情報に傷がつきます。
ただしイメージされているのはカードローンを利用することが既に信用情報に傷をつけることと考えているのではないでしょうか。
それは違います。
個人信用情報機関では個人の債務に関するあらゆる情報が集約されていますが、そのすべてがマイナスの情報ではありません。
例えば返済が滞ることなく進んでいるのであればそれはマイナスではありません。
問題なく返済が行われなおかつ完済という履歴があればむしろプラスの情報となるでしょう。
「収入が低く借り入れができるか心配」
確かに銀行カードローンの中では申し込み条件として前年度の年収が200万円以上であること、もしくは正社員として勤続2年以上あることなど収入に関する条件が加えられていることもあります。
しかし今の主流となるカードローンはアルバイトパートも利用可能というものが多くなっています。
消費者金融はもちろんのこと、銀行カードローンでも例えば三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックなどいくつものカードローンで対応しています。
現在はむしろ、収入のあるなしというプラスかゼロかという判断です。
収入の高い低いは融資限度額に影響するものであり審査の合否に関係するものではなくなってきました。
カードローンを利用するときには不安は大きいものです。
一つひとつの問題を解決することでその不安が薄れてくるでしょう。