個人事業主がモビットで融資をうけるには

個人で事業をしている個人事業主はキャッシングを利用することがむつかしいと言われていますが、返済が近づいているために資金が必要になったときでもモビットなら個人事業主でも申込ができます。
モビットは安定した収入があればパートやアルバイトで収入を得ている人や個人事業主でも安心して申込みができます。
モビットで電話連絡なしの申し込みをするときは、いくつかの書類が必要になります。
必要書類とは本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)、収入証明書類として直近の給与明細書や源泉徴収票、確定申告書などがこれにあたります。
個人事業主のかたが申込むときはこれらの書類以外が必要で「申込時に必要な書類」に書かれているように「営業状況確認のお願い」という書類をダウンロードして必要事項を記入し、他の書類と一緒に提出する必要があります。
注意しなければならないことは「営業状況確認のお願い」や収入証明書、本認確認書類といった申込をするときに提出したものは後から返却してもらうことはできません。
提出した後になって後悔しないためにも、提出する前に入ミスなどがないかをじゅうぶんに確認し、まちがってもウソの情報を書かないようにして提出しましょう。
どうしても融資をしてもらいたいために、ウソの内容を記載してしまうと後々トラブルになる可能性があります。
個人事業主だからと言って融資が受けられないことはないので、書類の記入は正直に書くことが融資への近道になります。

関連記事